柴崎さんのアートクレヨン教室:色と笑顔で満たされた3時間

当サイトでは広告を掲載しています。

開口一番、「柴崎も元気だよ!」のポーズで始まったアートクレヨン教室。その瞬間、心がほっと和みました。その個性的なキャラクターでYouTubeでも人気の画家、柴崎春通(しばさき はるみち)さんと老舗画材メーカー・ぺんてるが手を携え、創り上げた「アートクレヨン」。その魅力に触れるべく、教室に足を運びました。

目次

アートクレヨンへの興味と期待

この教室に参加する決断は、クラウドファンディング(GREEN FOUNDING)での支援から始まりました。アートクレヨンが実際に手に入り、さらに柴崎さんから直接指導を受けられるなんて、夢のような体験が待っていると知り、心からの期待と興奮が胸を膨らませました。

最近、個人としてもオイルパステルに挑戦する中で、アートクレヨンに対する興味が高まっていました。特に、クレヨンやパステルにまつわる問題や難しさをクリアしたと聞いて、ますます期待が膨らみました。

あわせて読みたい
オイルパステルで花を描く楽しみ方 最近、画材を変えてアクリル絵の具からオイルパステルに切り替えました。手に馴染む感覚や、色を伸ばす楽しさに魅了され、オイルパステルが私のお気に入りの画材になり...

柴崎さんの魅力と教え

アートクレヨン

そして、やはりその日の主役は柴崎さんでした。柴崎さんの明るい笑顔と、終始溢れるパワーに圧倒されました。3時間もの間、続くギャグの数々に笑いが絶えませんでした。

柴崎さん

そして、柴崎さんからの言葉には深い意味が込められていました。

「絵には正解がない。自由に描いていいんだよ。」との言葉には、解放感と共に創造力が湧き上がりました。

質疑応答の時間では、柴崎さんが大切にしている考え方を垣間見ることができました。

何事も「始める前にイメージする」。展示会も同様に、イメージを先行させてから作品を描き始めるそうです。その言葉からは、作品を創り出す過程での楽しさと大切さが伝わってきました。

終始、柴崎さんはこやかに場を和ませ、参加者一人ひとりの心を掴んでいました。

最後に、私の手がクレヨンでグレーになったことを褒めてくれました。「ほら見て!アートクレヨンをいっぱい使うとこんなグレーになるんだよ!」との言葉に、胸が温かくなりました。

柴崎さん「アートクレヨン教室」は、心に深い感動と喜びを残しました。そして、柴崎さんから学んだことは、絵を描くだけでなく、人生においても大切な教訓となりました。

家でもアートクレヨン

残ったアートクレヨンで描いてみました。
混色と重色が両立しているのでパワフルな作品も描けそうです。

あと厳選された8色なのでアートクレヨン自体がコンパクトに収納できるのもポイントですね。
もう何色なのか分からなくてなってしまった。。

アートクレヨンは線や面でも描けるので抽象画にも向いてると思います。

太陽に当てると作品は綺麗な色が映えますね。
あー早く一般発売して欲しいです、ぺんてるさーん!!!

Tomorebi

Tomorebiは、Tomo + Komorebi(木漏れ日)から生まれた言葉です。
「光が当たる場所とそこに映る影を描く」ことをテーマに日々の暮らしに寄り添う作品を描いています。
暮らしの中にあるさまざまな景色や抽象的な表現を通じて、新しい景色や感覚を得られたら幸いです。

Gallery Tomorebi

誰かの生活や営みを豊かにしたいという思いから、「Gallery Tomorebi」を始めました。
「Gallery Tomorebi」は、アートを手軽に手に入れることができるギャラリーサイトです。

Gallery Tomorebi
Gallery Tomorebi 毎日の暮らしを豊かにするアートギャラリーです。 部屋のアクセントになるような、誰かの暮らしや営みが豊かになる作品を販売しています。

あなたの暮らしを彩る作品を提供し、毎日の暮らしを豊かにすることを目指しています。
どうぞ、よろしくお願いします。

最新情報はSNSをフォローしてください♪

最新情報はX(旧Twitter)で、最新のイラストはInstagramでチェックしてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次