自分の好きを描く

当サイトでは広告を掲載しています。
目次

2022イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

例年のごとく、今年も行ってきました!
去年は8月の暑い時期に行っていたのですが今年は7月に訪れたところあいにくの天気・・・
来年からはやっぱり8月まで待ってから行こうと思いました(笑)

あわせて読みたい
2021イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 【今年も来ました】 毎年ね、この季節が来たかと思うのです(きっと来年も言う)そして何よりも駅から遠いし暑い。なぜか行く日に限って晴天なんです、良いことですが。...
あわせて読みたい
2020イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 毎年夏になると板橋区立美術館へ向かいます。今年もボローニャ国際絵本原画展の季節になりました。 世界中のイラストレーターや画家が応募するコンテストです。入選した...

毎年来るたびに思うことは「何やっても良いんだよな」です。どうしても凝り固まってしまう頭をほぐしてくれます。

絵で表現することは自分のルーツを描くこと

ボローニャ国際絵本原画展は多種多様の背景とアプローチを体感できる展示でとても好きです。

今年はどこか文明的な部分をテーマにした作品が多かった印象です。また普段の日常、現代の中にちょっとしたファンタジーを入れた要素も目に入りました。コロナ禍で家族や生活を振り返る時間が増えたのかもしれません。

それぞれ国の文化やルーツを取り入れながら自身の得意とする手法で絵本を作る。
自分のスタイルも浮き彫りになり勉強になりました、そして絵本はやっぱり楽しい!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次