二眼レフカメラで多重露光に挑戦!幻想的な風景を撮れました

当サイトでは広告を掲載しています。

今回は、初めての試みとして二眼レフカメラで多重露光に挑戦しました。どのような写真が撮れるのか全く予想がつかず、ワクワクとドキドキが交錯する中、撮影に臨みました。その結果、生まれた面白い写真の数々を皆さんにご紹介したいと思います。

目次

ネモフィラと多重露光

国営昭和記念公園での撮影

撮影地に選んだのは、180万本のネモフィラが咲き誇る国営昭和記念公園です。

訪れたのは4月27日(土)で、期間限定で開催されたシャボン玉を使った幻想的なイベントが撮影の絶好の機会となりました。

多重露光の試み

二眼レフカメラを使って花々の多重露光に挑戦しました。

重なり合う花々の色とりどりの光景は、一見すると分かりにくいかもしれません。

しかし、レトロな雰囲気を持つ二眼レフカメラが捉えることで、独特の幻想的な世界が広がります。

フィルムの魅力

LomoChrome Metropolisとの出会い

今回の撮影では、同行者から「2021 LomoChrome Metropolis 120 ISO 100–400」というフィルムを譲り受けました。長い間使用されずに眠っていたこのフィルムは、独特の色合いを持っており、二眼レフカメラとの組み合わせで新たな魅力を引き出してくれました。

本来の色合いとは異なるかもしれませんが、そこにこそ意外性と面白さがありました。

写真を撮る楽しさ

恵比寿〜代官山〜渋谷の散策

別の日には、恵比寿から代官山、そして渋谷へとカメラを持って歩きました。ファインダーを覗き込みながら町の中の「良いところ」を探す旅はとても楽しいものでした。

特に代官山の高低差のある風景は、段差や階段の撮影にうってつけで、魅力的な写真をたくさん撮ることができました。

ファインダーを通して見る景色は、いつもよりもシャープで鮮やかでした。

写真を撮ることは良いところを探すこと

今回の撮影では、二眼レフカメラを通じて多重露光やフィルムの魅力に新たに触れることができました。国営昭和記念公園や街の風景の中で、カメラが捉える一瞬一瞬の美しさを感じることができました。この静かで澄んだひとときを、これからも大切にしながら、カメラを通じて多くの感動を伝えていきたいと思います。

写真を撮ることは、自分の目で見つけた素晴らしい瞬間を記録すること。その喜びを共有できれば幸いです。

使用したフィルム

あわせて読みたい
二眼レフカメラ、はじめました。 ご縁があり二眼レフカメラを始めることができました。普段はiPhoneやデジタルカメラで写真を撮っていますが、フィルムカメラの難しさや面白さなど発見がありました。 今...
あわせて読みたい
二眼レフカメラの魅力、再び! 前回に引き続き、二眼レフカメラで撮った写真についてお話したいと思います。今回は一度現像した後だったので、個人的には工夫できた点があるのでは?と思っています。 ...
あわせて読みたい
二眼レフカメラでモノクロ写真に挑戦! 今回は初めてモノクロフィルムも使った撮影に挑戦しました!東京モノクロームの世界と、下町カラーの世界を味わってください。 【東京モノクローム】 東京駅丸の内改札...

Tomorebi

Tomorebiは、Tomo + Komorebi(木漏れ日)から生まれた言葉です。
「光が当たる場所とそこに映る影を描く」ことをテーマに日々の暮らしに寄り添う作品を描いています。
暮らしの中にあるさまざまな景色や抽象的な表現を通じて、新しい景色や感覚を得られたら幸いです。

Gallery Tomorebi

誰かの生活や営みを豊かにしたいという思いから、「Gallery Tomorebi」を始めました。
「Gallery Tomorebi」は、アートを手軽に手に入れることができるギャラリーサイトです。

Gallery Tomorebi
Gallery Tomorebi 毎日の暮らしを豊かにするアートギャラリーです。 部屋のアクセントになるような、誰かの暮らしや営みが豊かになる作品を販売しています。

あなたの暮らしを彩る作品を提供し、毎日の暮らしを豊かにすることを目指しています。
どうぞ、よろしくお願いします。

最新情報はSNSをフォローしてください♪

最新情報はX(旧Twitter)で、最新のイラストはInstagramでチェックしてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次